フィンペシアを通販

フィンペシアとデュタスの違いとは

デュタスとフィンペシアは、どちらも評判の高い育毛剤のジェネリック医薬品です。

ほぼ同等の効果があるのに、価格が大幅に安価なので、多くの脱毛に悩む男性たちの抜け毛対策に役立てられています。

デュタスとフィンペシアは、いずれも薄毛の原因が男性型脱毛症(AGA)の場合に効果を発揮する治療薬です。

Dr.Reddy’s Laboratories社というインドの製薬会社が、デュタスの製造・販売を行っています。

アボダートは、デュタステリドという有効成分を配合していますが、デュタスにも同じ割合で含有されています。

日本では、アボダートが厚生労働省により2009年に認可を受けており、世界中でも利用されています。

男性型脱毛症(AGA)を引き起こす原因といわれているジヒドロテストステロン(DHT)が体内で作られるとき、5α還元酵素Ⅰ型とⅡ型の2種類が関わっています。

5α還元酵素Ⅱ型を、フィンペシアに含まれている有効成分のフィナステリドによって抑えることができます。

言い変えると、フィンペシアを服用していても、5α還元酵素Ⅱ型には効果を発揮しますが、Ⅰ型は対処できないままということになります。

デュタスの成分であるデュタステリドを摂取すれば、5α還元酵素Ⅰ型とⅡ型のどちらの機能も、抑制することができるのです。

メリットばかりの知識では、いいことづくしのようですが、男性型脱毛症治療薬という以上、薬の副作用についても理解しておかなければなりません。

薬を服用したときに考えられる副作用は、デュタスとフィンペシアでとても似ています。

主に、めまい、消化不良、頭痛、勃起不全、性欲減退などが考えられます。

副作用の症状が気になったら、医師に相談するようにしましょう。

アボダートは、育毛効果が高い半面、コストがネックになっていました。

デュタスを選ぶことによって、経済的な負担を大幅に解消することができるので、無理なく育毛対策を続けられるようになるでしょう。

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

サブコンテンツ

フィンペシアの通販

  • 安心の購入先はこちら


このページの先頭へ