フィンペシアを通販

フィンペシアとアルコールの関係

フィンペシアは、ジェネリックと呼ばれる医薬品です。

ジェネリック薬とは、成分や効果はまったく同じでありながら名前だけが異なる医薬品のことです。

したがって、フィナステリドを主成分とするインド製『フィンペシア』は、飲む毛生え薬『プロペシア』と同様、男性型脱毛症治療に対し、非常に高い効果、つまり抜け毛予防や発毛効果、育毛効果があるとして注目を浴びています。

フィンペシアは1回1錠、水で飲みます。

コーヒーやかアルコールと一緒に間違ってもフィンペシアを飲まないようにしてください。

フィンペシア本来の効能を発揮できなくなってしまいます。

現時点では、年齢とともに頭頂部、いわゆるO型ハゲや、額の生え際いわゆるM字ハゲから徐々に抜け毛が進行し薄毛が目立つようになる〝男性型脱毛症〟の主な原因は、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる強力な男性ホルモンの一種が深く関係していると考えられています。

ですから、ジヒドロテストステロンの産生に必要な5α‐リダクターゼがフィンペシアに含まれているフィナステリドによって阻害され、抜け毛(異常脱毛)が止まると考えられているのです。

このジヒドロテストステロンとは、男性ホルモンのひとつ〝テストステロン〟と、頭部の毛乳頭に含まれている物質〝5α‐リダクターゼ(酵素)〟が結合することによって生成されるとする説が有力です。

フィナステリドには、この5α‐リダクターゼの働きを抑制する効果があるのです。

しかし、フィンペシアのような体内に直接取り込む服用タイプの育毛剤・発毛剤は、副作用のリスクや、その有効性に疑問が残ると主張する専門家も少なからずいるということも忘れてはなりません。

『フィンペシア』とは『プロペシア』のジェネリック版ですから、プロペシアと同じく、男性型脱毛症によって進行している抜け毛予防、発毛・育毛効果が期待できます。

円形脱毛症や産後脱毛などによって進行していると思われる脱毛症については効果は期待できませんのて、注意するようにしましょう。

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

サブコンテンツ

フィンペシアの通販

  • 安心の購入先はこちら


このページの先頭へ